ホームページのデザイン!情報を伝えることが大事!


デザインはシンプルにする

ホームページのデザインにこだわる人は多いです。装飾したくなる気持ちは分かるのですが、豪華にすれば見栄えがいいからです。しかし、見栄えがよくても閲覧者からすれば、情報を得にくい可能性は高いです。閲覧者はホームページに何かの情報を求めています。情報がなかなか手に入らないホームページはすぐに閉じてしまいます。そう考えると、デザインをシンプルにして、情報を得やすくすることが大事です。ホームページで何を提供しているのかを考えれば、どの情報を全面に出せばいいかが分かります。提供したい情報を中心にして、デザインを考えていけばシンプルなデザインを作るのは難しくないです。ただ、シンプルにするといっても、情報だけを書き込むだけではホームページとしての機能を果たさないでしょう。情報を中心にホームページの色を出してシンプルに仕上げることが重要になります。

ホームページは見やすいことも大事

ホームページはデザインをシンプルにして、さらに見やすくすることが大事です。見やすいと閲覧者は情報を手に入りやすいと考えます。見やすくするポイントは文字だけではなく、絵やイラストを入れることです。絵やイラストがあると、文字以上に情報を伝えることができます。文字は読まなければ意味を理解できませんが、絵やイラストは直感的に理解できるのです。ホームページに文字がないと意味が伝わらないかもしれません。しかし、情報の伝え方は文字を書くだけではないのです。両方をバランスよく活用すると見やすいホームページになるでしょう。

レスポンシブwebデザインとは、Web制作手法の一つです。Webページを閲覧する端末の画面サイズに合わせてレイアウトやデザインの変更ができます。